頻繁に猫にササミをあげても良いのか?

私は最近、毎日オヤツにササミをあげています。
キャットフードの袋に書いてある餌の目安を見ると、毎食35gはあげた方が良かろうと思われるところ、食べ残すので毎食30gにしてオヤツにササミをあげていました。

でも、ササミにキャットフードほどの栄養はないと思うので、ササミについてネットで調べて見ました。

調べたところ、猫にとってささみは補助食品位にしかならず、ささみ自体の栄養価も非常に低いのだそうです。

水分も含んでいて消化吸収もよく、食いつきも良いので、食欲が落ちた時に食べさせたり、カロリーが低いので満腹感を出すためにダイエットに使用したりするようです。

この様に体調に難のある猫には補助食品として役立つのですが、健康な猫には必要のない食べ物の様です。

残念。

大量に胸肉のオヤツも作ってしまいました。

この大量の胸肉が終わる頃には何とかドライフードのみの生活に切り替えなければと思います。

やはりササミをあげてるからドライフードを食べないのかもしれないと店員さんにも言われてしまいましたからね。

「キャットフード」+「ササミのオヤツ」生活

風船食べて食欲落としていたうちの猫ですが、無事風船も下から出て、前よりはドライフードも食べる様になったのですが、それでもやっぱり食べてないんです。

ササミを混ぜる方がドライフードの減りが良くなってきていたので、しばらくはその様にしていました。

ただ、ササミは高たんぱく質だというけれど、ウェットフードはあらゆる栄養を計算されて作られているので、ウェットフードの代わりをササミにしてドライフードの量を減らすと、栄養が足りてないのではという心配もあります。

ササミを朝夕の食事と同時に出すと余計に食べなくなるのではと思い、最近ではオヤツの時間帯にあげています。
そうすると朝夕は諦めてドライフードを食べてくれるのではと思ったのです。
微妙に効果はあった気がします。

私の作ったササミのオヤツはカツオ風味で片栗粉でとろみをつけたものです。

でも、『うちの猫がまたへんなことしてる』という猫マンガを読んでいると、作者があげているササミのオヤツは冷凍したササミをレンジでチンしたものでした。

そんな簡単でも良いのね、と思いましたね。

そして、やっぱりとろみは余計だったかもと。

色々調べてると胸肉も良いようなので、今度は胸肉のオヤツに挑戦したいと思います。

本当はドライフードオンリーにしなくてはいけないのに~。

成猫用のドライフードに切り替える頃にはドライオンリーにしようかなと思う今日この頃です。

猫の食欲がなくなった原因は風船だった

キャットフードにウェットフードを与え始めた頃からドライフードの減りが悪くなりました。

朝夕のご飯前にまだドライフードが残っている時は、私の手にのせて食べさせます。
何だか「あーん」すれば食べる子供の様で可愛いです。

そんなある日、ただでもドライフードは食べていなかったのに、もっと食べなくなったので少し気になっていた頃、猫の便からバルーンアート用の細長い風船のかけらが出てきました。

それは、子供が何かのイベントで貰った風船で、犬を作ったりネズミを作ったりすることが出来て楽しんでいたのですが、初めは上手くいかず、何度か割っていました。
割れて使えなくなった風船はゴミ箱に捨てていたのですが、ゴミ箱を漁ったのか、それともまだ落ちていたのか、猫が食べてしまっていたのです。

うちの猫はもっと小さい頃は輪ゴムなんかも食べようとしても食べれなくてすぐ出していたので、私の中で「なーんだ、何でも食べちゃうっていうけど食べれないんじゃん」という気持ちがあり、髪を縛ったゴムなどもテーブルに置きっぱなしにしてる事もありました。
主人がうるさいのでなるべく片づけていましたが。

でも、便から出てきた長い風船を見て、驚愕しました。
こんな長く大きいものを飲み込むようになったんだと。

それからは猫が食べれそうなものを再チェックして、床に落ちてないか、テーブルにないか、猫が登れる場所全て気をつける様にしています。

二日に渡って風船の便を出し、徐々にドライフードの減りも変わってきました。

でも風船をお腹に持っている時もササミにはがっつくし、遊びもするのでよくわからなかったんですよね。

ペットを飼うということは命を預かることなのだと再認識する事件でした。

本当は病院に連れ行くべきなのかもしれませんが、食欲が戻ってきているので取り敢えず様子を見ています。

ササミで手作りのキャットフード

ロイヤルカナンのウェットフードをあげると、ドライの方を食べなくなるので、一回にあげるウェットフードの量を5分の1袋位にし、冷蔵庫に入れて2.3日で食べきることにしました。

それでもドライを食べる量が少なくなった事には変わらず、本当はドライだけに戻した方が良いんだろうなと思いました。

最初からウェットフードの味を覚えさせなければ良かったんですね。

ウェットフードも底をついてきた頃、高いパウチを買う気にはならず、自分で作る事を考え始めました。
本当はドライのみにした方が良いのですが、作ってみたくなっちゃったんですよね~。

無添加のカツオだしのパックとササミ肉を買い、出汁を作って、ササミを入れて湯がきました。

ササミに火が通ったら細かくちぎり、再度出汁の中に入れ、仕上げに片栗粉でとろみをつけました。

カツオ出汁とササミの良い匂いに、作ってる最中から猫がうるさい事。

台所に上がってスンスンと匂いを嗅ぎまくっています。

出来上がったササミを食べさせると、物凄く食いつきが良く、あっという間に食べてしまいました。

私の料理を、愛猫が喜んで食べている姿に感動です!

料理を作る喜びってこういう事だなぁとしみじみ感じました。

初めてのウェットフード

我が家の猫にウェットフードを初めてあげてみました。

ロイヤルカナンのウェットフードで、いつも買う400gのキャットフードにオマケでウェットフードのパウチが付いていたんです。
付いていたのは「とろ~りグレービー」でした。
こちらのパウチ、普段だと一袋156円程します。

高いですよね~。

でも今回は無料でついてきましたよ!
何やらパッケージデザインが変わるらしく、昔のモノを早く売ってしまいたかったのかな。

家の猫にあげたところ、食いつく食いつく!

もうパウチを開けた途端、魚くさいと言うか、ツナ缶?鯖缶?そういった匂いが漂うので猫も直ぐ寄ってきました。

4分の1袋分位あげましたが、一気に平らげてしまいました。

これはいい!
と、ウェットフードのパウチがおまけについてるキャットフードを4袋ほどまとめ買いしてきました。

でも問題は、このウェットフードをあげるようになってから、ドライフードを食べなくなった気がするんです。

ドライフードをあげても、「これだけ?あれは出ないにゃ?」といった顔で私を見上げています。

朝6時半位に餌をあげて夕方5時くらいにまた餌をあげるのですが、ひどい時には20粒くらい残っていました。

ウェットフードがよほどお腹いっぱいになるのだろうか?

1日にあげる餌をウェットとドライにする場合のそれぞれの量を考えなくてはいけないのですが、ロイヤルカナンの餌袋に書いてあるドライとウェットの割合表はメチャクチャ解りにくいと思います。

一応ウェットフードは少なめにしてメインはドライにしているのですが、計算が合っているか不安です。

消臭スプレーとしても優秀な乳酸菌のペットミスト。その2

キャットフードに加える事メインに使っているペットミストですが、消臭スプレーとしても使えます。
乳酸菌発酵液がアンモニアや硫化水素などの臭いの原因物質を分解して消臭するそうです。

実際、生ゴミの臭いや下駄箱には効果を感じました。

でも猫がうんこに失敗した時、畳についたうんこを拭いた後、これをかけたことがあります。
結果、三日ほどペットミストの酸っぱい匂いとうんこの匂いが取れませんでした。
1週間ほど経てば臭いは無くなりますが、ペットミストのおかげなのか???です。

うんこがついちゃった時は、上辺の汚れが取れたら後は洗剤つけてひたすらこすって拭いて、その後にペットミストの方がいいかもしれません。

グルーミングにも使えます。
こちらのペットミストを体にかけてグルーミングすると肌にのってきた真菌やバイ菌の活動を抑制してくれるようです。
寒い季節はグルーミング時の静電気防止にもなりますよ。

私も結構、静電気マンなので、秋冬になって、エアコンによる乾燥のせいか猫とバチバチ静電気出し合ってるのでこのペットミストをたまに使っています。

キャットフードにひと振り!ペットショップで勧められたペットミスト

ロイヤルカナンと共にペットショップで勧められたのが、キャットフードの上にかけるNS乳酸菌のペットミストです。
スプレーボトルに入っています。
液体のパックをスプレーボトルに入れて使うタイプで、点滴と同じ雑菌が入らないような仕組みになっています。

これをキャットフードにかけて液がまんべんなくフードに混ざるよう、かき混ぜます。

このペットミストに含まれるNS乳酸菌が腸に届き、消化吸収も良くし、臭いの原因物質をアミノ酸に変えて糞尿の臭いも抑えてくれるそうです。

キャットフードも美味しくなるそうですよ。
味見したいとは思えないので私にはわかりませんが。

あと、近年人間の近くで暮らすペットによくみられる病気の原因になる腸内バクテリア不足もこのスプレーが解消してくれるようです。

糞尿の臭いは他の猫と比べたことが無いのでよく解りませんが、普通にうんこしたら臭いです。
ただ、砂のおかげなのかペットミストのおかげなのか分りませんが、部屋がそんなに臭いとは思いません。

うちの猫は毎日快便ですし、これからも使い続けると思います。

キャットフードにロイヤルカナン続行を決めた理由

ロイヤルカナンに低価格のキャットフードを少し加えるという日々を過ごしている中、ロイヤルカナンが少なくなったのでいつものペットショップに買い足しに行きました。
低価格のキャットフードへの不安を解消すべく、店員さんに今の低価格のキャットフードを混ぜている状態と、いずれはそちらに切り替えたいがそれはどうなのかと聞いて見ました。

結果はロイヤルカナンに軍配があがりました。

ちゃんと栄養価の計算をしてあるロイヤルカナンに他のフードを混ぜてしまったら台無しになる的な事も言われました。

そして特にスコティッシュは脚が弱いので、しっかり筋肉をつけてあげる必要があり、そのためにも良質のたんぱく質が取れるロイヤルカナンが良いとのことでした。

身体を作り上げる子猫のうちにしっかり栄養を摂るのも大事なのだそうです。

そうか、やはりスコティッシュの脚が弱いのは周知の事実で、飼い主が気を使わなくてはいけないんだと、思い知らされました。

はい、可愛い猫のため、もう安もんキャットフードは買いません!!

ロイヤルカナンから低価格のフードへ変更を考える

このまま高級な味に慣れてもらったら、お金が・・・という事で、少しずつ安価なキャットフードにシフトしていこうと思い、子猫用の安価なキャットフードも買って見ました。

ロイヤルカナンのキャットフードに、「フードを切り替える場合は急に行わず、新しいフードを少しずつ増やすようにまぜながら7~10日間かけて行ってください」という指示があったので、少しずつ安価なキャットフードを混ぜてみることにしました。

食べさせてみたところ、物凄く食いつきが良いです。
形や色も様々で何だかカワイイんですよね。
飼い主の視覚を楽しませてるだけではありますが。

ただ、ロイヤルカナンは栄養価が高いのに、他のキャットフードに替えちゃって良いのかなぁという不安を持ちつつだったので、安価なキャットフードはふりかけ程度にちょっと混ぜるっていう事を繰り返していました。

あまりに食いつくので、安価なキャットフードが気に入っちゃってロイヤルカナンを食べなくなるのではという不安も出てきました。

一体何がしたいんでしょう私は?

というのも、ネット情報でスコティッシュフォールドは体が弱い事を知ってしまったので、安いフードをあげるのは良くないのではという不安がより強くなったのです。

後、ネットで調べた時に原材料に「◯◯ミール」とか書いてあるのはダメと書いてあったのですが安価なキャットフードには「◯◯ミール」と書いてありました。

ロイヤルカナンさんの原材料は「肉類(鶏、七面鳥)」と書かれています。

完全にロイヤルカナンをやめるという選択をする前にお医者さんか店員さんに相談してみようと思います。

コマーシャルでよく見る猫の餌

我が家の子猫に食べさせているのは、ペットショップで勧められたロイヤルカナンです。

でもこちらお高いんです。
イオンペットで購入する場合は
400gで837円
確かにもっと高いキャットフードもいっぱいありますが、私にはこのロイヤルカナンが高く感じます。

猫を飼うまでは、昔からテレビコマーシャルなどでやっている『モンプチ』とか、『銀のスプーン』などが高級な猫の餌だと思っていたのですが、違うんですね。
イオンペットでは
モンプチ
600g 570円
銀のスプーン
1kg 790円
でした。

本当に猫に良い高級な餌はコマーシャルなんかしないんでしょうね~私が見たことないだけなのかもしれませんが。

しかもモンプチや銀のスプーンは子猫に合わせているのか、大袋の中に餌が小袋に分けて入れてあるのもあります。
なので餌が古くなるから使い切らなくてはいけという心配もないんです。
良いですよね~色んな味を試せたりもします。

ロイヤルカナンは大袋にそのまま餌が入っています。
2kgの物を買えば 3470円と400gのモノを買うよりいくらか割安にはなるのですが、開封後何日か以内に食べる様に指示されています。
子猫のうちは少ししか食べないので、2kgでは食べきれず、餌が古くなってしまうんですよね。

一度2kgのを買って冷蔵庫に入れて餌をやっていたのですが、その事を店員さんに言うと、
「そうすると餌に結露が出てカビの原因になったりするんですよね。」
と言われてしまいました。

恐ろしや。
2度とやらないと心に誓いました。

ねこはぐ